ひらく 第2号


【目次】
巻頭言 佐伯啓思
塩田千春 魂の深淵を覗く
〈巻頭特別対談〉塩田千春×佐伯啓思 あるのかないのかわからないようなもの
特集❶新・経済学批判
〈論考〉佐伯啓思「資本主義の暴走」と「経済学の責任」
〈対談〉堂目卓生×佐伯啓思 歴史と現在 経済学の展望
〈論考〉松原隆一郎 日本経済を覆う「不安」と経済思想の二つの流れ/広井良典 有限性の経済学に向けて/柴山桂太 ケインズの文明社会論 モラルサイエンス私論/清水 習 現代経済学のイデオロギー・クリティーク
特集❷仏教と日本人
〈対談〉佐々木 閑×佐伯啓思 仏教の多相とその現代的意義
〈論考〉末木文美士 中世仏教への視座/賴住光子 道元の思想と表現
〈特別対談〉森田真生×佐伯啓思 数学の「汲み尽くせなさ」/先崎彰容×與那覇 潤 「成熟なき喪失」の時代 批評の復権にむけて
〈論考〉古田 亮 平福穗庵 秋田発──日本画創成/長谷川三千子 道元を読む㊂ 拈華微笑/西平 直 稽古と修養 日本におけるself-cultivation/荒川洋治 刊行された本を読む人びと/先崎彰容 本居宣長の世紀㊂
〈中篇評論〉澤村修治 有為のねぶり
〈論考〉寺下滝郎 「極東の将来」を見通した西欧の哲学者ラフカディオ・ハーン
〈書評〉藤本龍児 『アメリカの恩寵 宗教は社会をいかに分かち、結びつけるのか』
〈コラム〉芦澤泰偉 松澤宥と究極の本『ψの函』/赤津孝夫 火のはじまり

ご購入はこちら

 

ひらく 第1号


【目次】
〈The Interview〉又吉直樹 笑いと文学、時代と人間。
特集❶日本文化の根源へ
〈対談〉松岡正剛×佐伯啓思
佐伯啓思 「無常の形而上学」について/末木文美士 日本王権論序説/安藤礼二 近代日本哲学の真の起源/先崎彰容 本居宣長の世紀一/澤村修治 「花」とニヒリズム
特集❷現代という病
〈鼎談〉東 浩紀×先崎彰容×佐伯啓思
柴山桂太 没落の一歩手前で/内田由紀子 日本の協調性の行方/藤本龍児 「ポスト・アメリカニズム」の世紀
〈特別対談〉上田岳弘(第160回芥川賞受賞)×佐伯啓思 「ニムロッド」とは何か
黒鉄ヒロシ 首斬り 漫伝生死郎/長谷川三千子 道元を読む一/竹山 聖 建築のモダニズムについて、そしてポストモダニズムについて/荒川洋治 現象のなかの作品/佐藤 卓 媒介するデザイン/古田 亮 不染鉄/木多本屋 テレヴィジョンと天皇/金澤洋隆 「善き生」への問い/年表で「読む」日本マンガ史 澤村修治/表紙の画家 大竹彩奈Interview /本好きへの装幀噺 芦澤泰偉/書評 下村智典

ご購入はこちら